So-net無料ブログ作成
検索選択

<リフォーム詐欺>「認知症」狙い営業、理解不能なら再訪問(毎日新聞)

 さいたま市の住宅リフォーム会社「誠光ホーム」による詐欺事件で、同社が工事契約を結んだ首都圏の顧客1425人のほとんどが70〜80代で、認知症の症状があったり、契約時の記憶があいまいな被害者が多いことが20日、埼玉県警捜査幹部への取材で分かった。県警は、同社が契約内容を理解できない高齢者を狙っていた可能性が高いとみて追及している。

 捜査幹部によると、最も高額の1160万円を支払った埼玉県上尾市の男性(79)のケースでは、詐欺容疑で逮捕された大竹誠・元社長(36)らは06年7月〜08年12月、この男性宅を訪問。「床下の排水管から水が漏れている」などとうそを言って補修工事をしたように見せかけ、計9回分の工事代金を受け取ったという。この男性は別の会社による悪質リフォームの被害にも遭っており、いずれも契約時の記憶があいまいだったという。

 県警によると、同社は06年の設立から計1425件を契約。社員が一度訪問し、相手が契約内容を理解できないと判断すると、同じ家に繰り返し訪問していたとみられ、被害額は約3億3700万円に上るという。【町田結子】

【関連ニュース
<関連記事>リフォーム詐欺:「指導」公表せず、被害拡大の一因か
<関連記事>詐欺容疑:リフォーム会社社長逮捕 首都圏で被害3億円超
<関連記事>リフォーム詐欺:「床下水漏れ」偽り 容疑で社長を逮捕
<関連記事>リフォーム詐欺:元社長供述「詐欺目的で会社設立」 県内被害1255件
<関連記事>リフォーム詐欺:高齢者宅狙い 容疑の2人追送検

<口蹄疫>ワクチン接種ほぼ終了 進まぬ「牛豚ゼロ地帯」(毎日新聞)
<たちあがれ日本>中川義雄氏が参院出馬断念(毎日新聞)
新年金制度 基本方針案の全容判明 抽象的であいまい 最低保障額明記見送り(産経新聞)
マルチ商法 「仮想空間」ビズインターナショナル社を捜索(毎日新聞)
【お財布術】「早朝割引」編 「安さ」「時間限定の珍しさ」アピール(産経新聞)


2010-05-27 17:19  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。